こんにちは

『お掃除の極力いらない家』の完成までを大公開!!

まず、間取りはこんな感じです。


南側の道路からの目線


道路は裏路地的です。でも意外と人通りあり


家の中からの目線、その一


西側道路からの目線


この辺は私たちがいる墨田区、江東区よりも地盤はしっかりしているようです。



゛サクサク゛掘ってます。



鉄筋組んでます。正しく組んでます。もちろん厳しい検査 ゛クリア゛ 
21年8月1日合格です



この日は『ジオ』さんの検査員の方のチェック日です



コンクリートを流し込み。大切な基礎作り。もちろん厳しい検査、゛クリア゛



7月から台東区根岸5丁目で建築がはじまります!

コンセプトは働く女性のためのお家。

『女性が考えた、女性のための極力お掃除のいらない家』です。

簡単に言うと、お掃除が楽チンで時間が節約でき、

大切な自分の時間を増やしちゃおう!ってことですね。

この広い東京でも初めてのコンセプトだと思います。


これから進行状況を写真つきでUPして行きますので

みてくださいな!


住宅プロヂューサーの腕の見せ所です。

では



2009/04/02 永続的リンク02:43:44, カテゴリ: テストカテゴリ

今日は入社式でした。

ご無沙汰です。

あは。:))気がついたら春になっとった!88|

びっくりです|-|

いやいや。桜がきれいですね。わが社の目の前に桜の木が

あるんですが、ほかの木に比べなぜか?花の咲き方がいい~んです

不思議? 我がリオネの良い気が関係しているのではと思っています。

ところで今日はリオネの入社式でした。

無事に8名のたくましい男子が入社してくれました。

世間では、内定取り消しだの、非正規社員の失業者が19万人だの

何かと暗い話が多い、今日この頃。

そんな状況の中の船出です。 しかし視点を変えてみるとこれも

新人にとっては良い環境なのかも知れません。

なぜなら、22歳でこの不況を体験し、この状況を乗り越えるための

問題解決能力を身に付け、明るい未来に向けての創造力を発揮できるのです。

ある意味、幸せだと感じています。

これが50歳過ぎていたら、そう言う視点には、たてないかも知れません。

この新しい仲間を生かせるかどうかは、社長の教育次第でしょうね。

明日から研修が始まります。今年は㊚塾で行きます。

明日から楽しみです。


それから、今日うれしいメールをいただきました。
長旅に出ているのりねーさんからです。
『入社式おめでとうございます』と・・・
ちゃんと覚えていたんですね。
浜離宮庭園での内定者お茶会で熱中症にかかり
その後長旅に・・・
いずれにしても元社長秘書についていただけのことはアル!
うれしかったぞ!
昨年の会社説明では、か・み・か・みだったあの頃。
『社長の思いが伝わってくれたら嬉しいです』とあまりにも思いを
感じさせない司会進行。『おまえに伝わってないよねと』つっこみを入れた日々。
そんなのりねーですが、社長と仲間を求め共に戦った日々が懐かしいです。
共に選んだ仲間が、今日、おかげさまで入社してくれました。
ありがとう。のりねーが一生懸命がんばってくれた時間のおかげだよ!
本当にありがとう。

最近、思っていることを話すよ。
おかげさまでリオネのエントリーの数、説明会の参加人数は過去最高です。
説明会後、95%の確立で選考を希望してくれます。
ほんとうにうれしいです。
でもね、最初からうまくいったわけじゃないよね。
今から4年前、初めて新卒採用をスタートし、試行錯誤を繰り返した。
1月から5月まで面接に相当な時間と情熱と愛を注ぎこんできたんだ。
真剣だった。仲間探しにはとにかくエネルギーを使ってきた。
その採用を支えてくれたのが歴代の秘書たちなんだよね。
のりねーをはじめみんな良く働いてくれた。
とくに一番がんばってくれたのは、お丸ねーさんなんだ。
朝9時30から夜は終電まで連日戦ったよ。
社長のわがままにもよく付き合ってくれた。
ある季節をいっしょに全力で駆け抜けた感じかな。
本当によく支えてくれた。
感謝しています。ありがとう。覚えてますか?
説明会の当日、雪が降り参加者が少なく
若干、へこみつつがんばった日もあったよね。
もしもあの時、支えてくれる人がいなければ、果たしてやれたのか?
たぶん社長一人じゃ無理だったと思います。
共に戦ってくれる仲間がいたからこそ、できたんじゃないかと感じています
これって、仲間感動だね。
あなたたちのがんばりをけして無駄にしません。
共に戦った日々も色させることなくそのままでしょう。
心から感謝しているよ。ありがとう。
今は新しい仲間が社長を支えてくれてます。
戦いはこれからも続いていくことでしょう。
これからもリオネを覚えていてください。
あなたが輝いた季節は色あせることなく、今も心の中で
まぶしく輝いています。


                ありがとう。




あけましておめでとうございます。

いよいよ本日から2009年度の営業が始まります。

今のこの状況の中でも、チャンスは必ずあり、

それが見えるか、見えないか、感じるか、感じないかだけの

ような気がしてなりません。

今年は、私たち不動産業界を筆頭に厳しい年になるでしょう。

抱えた商品は動かず、お金の流れは止まり、給料や経費だけは必ず

支払わなければならない。銀行融資も受けられない企業は

当然、消滅するしかなくなるでしょう。

年末には保証協会へ駆け込み融資の申し込みが殺到したと聞きます。

銀行が融資をしてくれないので会社が倒産したと連日のように報道され

上場企業の倒産も戦後最大でした。

しかし、本当に銀行融資が原因なのでしょうか?

もしかしたら物事の本質を捉えていないのではないでしょうか。

本当の原因は『顧客がいないこと』ではないのか。

企業が存在するための原則があります。

それは『企業は粗利で生きている。

その粗利は100%、お客様からしか捻出できない』

それが原則ではないでしょうか。

会社の目的は儲けることではなく、

たくさんのお客様を作ることではないのか。

その結果が利益をもたらすと思うのですが、

弊社だけのスタンスなのでしょうか?

どんなに厳しい時代が到来しても『お客様作り』が

私たちの目的であることは変わりません。

一年かけ、たくさんのお客様と出会えることを

楽しみにしております。

:: 次のページ >>

住宅プロデュース事業

住宅プロデュース事業

家づくりにはキーワードがある。窓から見える景色・緑との調和・清々しい空気の流れ・家族の想いなどである。より快適で多くの可能性を秘めたプランを次々とご提案。

プロフィール

プロフィール

株式会社コムホーム
代表取締役社長 岡野健一

人にそれぞれ個性があるように家にももっと個性があっていい。凛としたアイデンティティーを主張した住まい作りを提案するため、住宅プロデュース事業をスタート。現在、(株)コムホームと、地方企業の東京進出を支援する(株)リオネ、ネット広告代理店(株)W&Wの代表を務める。

検索